入塾方法と入塾基準

入塾基準

岡本塾ではよりよいサービスを提供する為、入塾条件を設けております。以下の5項目全ての条件を満たす方のみ入塾の資格を有しますので、ご了承下さい。


1.横浜翠嵐高校を始めとする最難関公立校を目指している方

横浜市内の公立最難関トップ10校は、横浜翠嵐・川和・神奈川総合・横浜緑ヶ丘・希望ヶ丘・光陵・柏陽・横浜平沼・横浜国際(旧 外語短大付属)・横浜サイエンスフロンティアです。その他、湘南・横須賀・多摩など、横浜市外の最難関公立高校の受験にも万全の対応を致します。

また、岡本塾は最難関公立校受験指導に万全を期しているという面から、私立高校など、公立トップ校以外を第一志望とされる方は、入塾をお断りします。ですが、桐蔭学園・法政第二・法政女子・鎌倉学園・山手学院などの公立トップ校の併願先(いわゆる「滑り止め」)の私立高校への受験は万全期しますのでご安心下さい。

2.上記の公立最難関校合格の為に、いかなる努力も惜しまない方

「学問に王道なし」。使い古された言葉ですが、勉強の本質を突いています。努力無しで学力が上がるわけがありません。はっきり申し上げまして、岡本塾の指導は厳しいです。ですが、やることをきちんとやれば結果が出ることは、岡本塾の実績が証明しています。苦しんで、頑張って、最高の喜びを手に入れましょう! 勿論、岡本塾も"一緒に"苦しんで、頑張っていきますよ!

3.樽町中・大綱中・篠原中・神奈川中在籍の中学生、または樽町中・大綱中・篠原中・神奈川中進学予定の小学生の方

真に申し訳ございませんが、錦台中・浦島中・栗田谷中・六角橋中・上の宮中・新羽中・樽町中など、神奈川中・篠原中・大綱中以外の方の入塾は、指導の集中という面からお断りしております。

4.最低限の基礎力を有する方

該当学年までの計算力・漢字力・単語力等が特に問題ないレベルという意味であって、超高学力を有するといった意味ではありませんのでご注意下さい。最低限の基礎力は、効果的に集団授業で授業を受ける上で必要となりますし、授業がわからないまま、どんどん進んでしまうのは不幸なことです。

基礎力の有無は、入塾テストにて判断いたします。

5.岡本塾の指導方針に賛同していただける方。

生徒・保護者様・塾が三位一体となって意思の統一がされてからこそ、合格が近づくと思います。この「総合案内」をご覧になり、「体験授業」を受けていただいて、「面談」で意見交換を行い、ご納得された上で入塾をお願いいたします。(無理な勧誘は一切致しません。)


入塾の流れ

1.お問い合わせ

まずは何でもお問い合わせ下さい。

2.入塾テスト

合格基準は平均点(偏差値50)以上を最低ラインとします(学年によって基準は異なります)。

3.授業見学

お子様と岡本塾との相性のチェックや、授業や宿題などの分量など、続けていくことができるのかをご判断下さい。岡本塾側も、お受けできるお子様であるか判断させて戴きます。費用は無料です。

4.入塾

授業見学をして、岡本塾で公立トップ校目指して頑張ろう!と思ってただければ正式入塾となります。入塾の強制・無理な勧誘は絶対に致しませんのでご安心下さい。